トマトの赤のように情熱的に、団子の粘り強さのように、そしてオオカミように荒々しく

理系学部出身、元ラガーマン、日系大手の調達部門の若手調達マン。思った事をダラダラと適当に書いてます。記事の内容はスカスカです。

新卒一括採用がなくなるという事は、とんでもない戦国時代がやってくる事を意味する

みなさん、こんにちは
 
トマト団子オオカミです。
 
なんか最近、新卒採用がどうたらこうたらみたいなニュースありましたね。正直これからの日本では、新卒採用、年功序列、終身雇用みたなシステムがなくなって、実力主義のサラリーマン戦国時代が来るんじゃないかなと筆者的には感じてますし、そう予想しています。
 
 

新卒は育てるもの

今の日系企業の管理職はみんなそう考えています。新卒の子は育てると。最初の3年間はしっかりと会社の事、社会の事、ビジネスマナー、、、、あげたらキリがないですが、そう言った社会で必要な知識やスキルを教えてあげるものだと考えています。
 
実際筆者も色々と教えていただき、育てもらいました。大変お世話になりました。筆者にも後輩が出来て、今度は逆に教える立場になったりもしたとこもあります。そういった経験から言わせてもらうと、この育てるという考え方は意外といいんじゃないかなて思っています。
 
正直、大学卒業したばかりの小僧、小娘は基本的に何も出来ないし、知らないんです。別にそんな事ない人もいますが。ちなみに筆者はそうでした笑。なにも知らない、出来ない、そのくせあーしたいこうしたいという事ばっか言うわがままな小僧でした笑。
 
まあ、当時は自分ができると思っていましたが、今ある程度年次を積んだ身として振り返ってみると、本当に何の社会人としての素養や心構えの出来ていないキッズだったと思います。
 
やっぱ、そう言う意味では、新卒一括採用である程度何も知らない大卒を育てると言う文化は日系企業にはあります。
 
 

新卒一括採用がなくなり、そう言う文化がなくなる

上記読んでみてもらえればわかると思いますが、新卒一括採用がなくなれば、そう言う「育てる」と言う文化が無くなります。おのずと、新しく入ってくる人間にある程度の実力を求めてくる様になると思います。
 
もう「育てる」のではなく「育っている」人材を欲しがる様になるんだと思います。
 
 
これからの大学生は大変
そう考えると、これからの大学生は大変なんじゃないかなってつくづく思います。だってある程度何かしらできる人間を、これからの日系企業が求めるのだから。
 
だから、何かしらのスキルがないと厳しいですよね、英語ができるとか、プログラミングができるとか。それかもしくは、インターンを積んで他の学生よりも経験をアピールするとか。
 
いずれにせよ、これからの大学生は何かしら意識して学生生活を送らないと、社会人になってからものすごく痛い目に遭う可能性がある気がする。というか就活、社会で生き残っていけないと思っています。
 

同じく社会人も危機感を持たないと危険

正直大変なのは社会人も同じです。きっとかなり人材が流動的な世の中が来ると思います。いざ自分が会社の外に出された時。「さあ、次どうしよっかな〜」じゃあもう手遅れなんです。次の一手を考えてサラリーマン生活を送らないといけないと感じてます。
 

最後に

これからの戦国時代に、生き残れるか残れないかはその人次第です。正直筆者はこの流れはいい事だと思っています。プラスに受け止めています。これからの社会人生活が楽しみです。